乾燥性敏感肌を改善したい!本当のケア方法

乾燥性敏感肌。

つまり、乾燥が原因で敏感肌になっているということ。

では保湿すれば治るじゃないか!?

とはなりません。

敏感肌になるほど乾燥していると、保湿だけではまず改善されません。

乾燥性敏感肌が治らない理由

1.世の中の大半の保湿は潤いを感じるだけ

保湿しても乾燥性敏感肌が改善されないのは、世の中の保湿化粧品が、ただ潤いを感じさせてくれるだけだからです。

つまり、肌表面に水分感を与えてくれるだけで、肌自体は何も変わっていません。

確かに効果はありますが、その効果は3時間も持たないのがほとんど。

自分の肌自体が水分を維持できるようにならないと、乾燥性敏感肌はいつまでたっても改善されません。

2.なぜ乾燥性敏感肌になったのか?その原因を無視している

乾燥肌という肌質は、男女で比較すると圧倒的に女性のほうが多いですよね。

もちろん男性にも乾燥肌持ちはいますが、それでも乾燥の程度が女性に比べてかなり軽くて、乾燥性敏感肌となるとほとんどいません。

では女性と男性の何が違うのか?

ここに着目すると、乾燥性敏感肌になってしまう原因が見えてきます。

そしてこの原因を改善しないかぎり、乾燥肌の最終悪化状態とも言える、乾燥性敏感肌は改善されるはずがありません。

お金が貯まらない人が、出費を見なおさない限り貯金ができるわけがないのと同じですよね。

女性特有の乾燥性敏感肌の原因をスッキリ理解!

女性に圧倒的に乾燥性敏感肌が多いのは、何も女性の皮膚が男性より薄いからだけではありません。

普段の行動が肌を乾燥させることが多いからです。

特に洗顔。

女性は「洗い過ぎないように気をつけています」

と言う人が多いですが、皮膚科医が調べたところ、ほぼ全員が洗い過ぎという結果だったという話があるほどです。

1.女性は化粧をするから

女性はお化粧をする人が多いです。逆に男性はしません。

メイクをするとどうしてもクレンジング、洗顔にかかる時間が増えます。

肌が乾燥するのは主に角質層のセラミドが不足するからです。セラミドが肌水分量の半分ほどを確保しているからです。

このセラミドは脂質と水分の両性を持っておりクレンジングや洗顔の成分で溶け出してしまいます。

つまり、クレンジング、洗顔の機会、時間が多い女性はどうしても男性より乾燥しやすくなり、その程度もひどくなります。

2.女性は洗顔にこだわるから

男性の洗顔って見たことがあるでしょうか?

女性の丁寧な洗い方と違い、結構いい加減で荒っぽい。さらにむちゃくちゃ短時間では?

それなのに、男性の方が肌が綺麗なケースが多いですよね。皮脂も多くて汚れやすいはずなのに。

逆に女性は洗顔に関してはみなさんこだわりがあるでしょう。

洗顔料の種類、泡立て方や洗い方など様々。

そして乾燥性敏感肌の女性に多く共通するのが、丁寧過ぎる洗顔です。

いい加減な洗顔の男性の方が健康的で綺麗な肌をしているように、洗顔はやり過ぎると完全にマイナス。セラミドを奪い去りひどい乾燥状態を招きます。その結果、乾燥性敏感肌になります。

なぜ乾燥性敏感肌は治らない?

乾燥性敏感肌は一度なるとなかなか改善されません。

乾燥性敏感肌のケア方法が効果を奏しない理由は何か?それを知れば無駄なケアをせずにより高い期待ができるケアができるようになります。

1.角質の隙間をふさげば刺激は感じなくなる

乾燥性敏感肌は、乾燥により角質の隙間が広くなり、本来は浸透しない大きさの物質が肌深くに侵入。肌が防御反応で反応してしまうことで起きます。

つまり、刺激となる物質が入り込まないように、角質の隙間をふさいでしまえば刺激は感じようがありません。

2.ワセリン、ヒアルロン酸で改善されない理由

ワセリンやヒアルロン酸など肌表面に皮膜を作る保湿化粧品を塗ると、物理的に刺激が角質の隙間に入れなくなります。

なので敏感肌特有の刺激感は感じなくなります。

しかし、その状態を24時間維持するのは見た目的にも効力持続的にも困難です。

そのため、一時的に敏感肌症状が治まったように感じるだけで、角質の隙間自体は何も変わっていません。だから繰り返し保湿しても乾燥性敏感肌は改善されません。

3.乾燥性敏感肌は普通の乾燥肌じゃないから

本当なら、特に夜の間だけでも、ワセリンやヒアルロン酸などで保湿しておけば普通は1ヶ月ほどで、洗顔後何もしなくても乾燥をあまり感じなくなります。

その理由は、肌細胞が生まれ変わるターンオーバーが促進され、その際にセラミドが多く生産され、さらに角質細胞が十分に成長して隙間が狭くなるからです。

ところが、乾燥性敏感肌ともなると、常に刺激を受け続けており、肌に常時炎症が起き続けています。この状態では多少保湿維持してもターンオーバーが正常に行われません。

そのため、普通の乾燥肌なら効果がある保湿ケアも、乾燥性敏感肌ともなるとなかなかいい結果がやってきません。

乾燥性敏感肌の最大原因「洗顔」のここだけでも変えてみれば?

1.洗顔時間を今の半分にしてみる

先ほども書きましたが、女性の大半は洗顔時間が長過ぎます。

それじゃ汚れが落ちない。肌に悪いと言う女性が多いのですが、肌が老ける原因は多少の汚れが残った状態より、乾燥している状態のほうが圧倒的にひどいです。

特に乾燥性敏感肌になってしまうと、コラーゲン繊維が破壊される糖化現象を生み出す炎症が常時起きてしまいます。角質の隙間から刺激が入り放題。その度に炎症が発生するからです。

逆に、洗顔時間を半分にした結果、仮に汚れが多少残っていたとしましょう(そんなことほぼありませんが)。

その残った汚れがどう肌に悪影響を与えるのでしょうか?

酸化した皮脂は確かに肌を痛めます。でも、洗顔するまでの長い間、もっと酸化した皮脂が顔にあったわけですよね?

メイクがちょっと残っていたとしましょう。

朝から晩まで、そのメイクが肌にずっとついていたんですよね?

仮にそれらが肌に悪いとしても、セラミドが豊富で乾燥知らずの肌なら、角質の隙間がふさがれているから刺激とならないのでは?

2.水・ぬるま湯洗顔に変えてみる

洗顔に対して勘違いが多い女性には抵抗があるでしょうが、水はともかくぬるま湯なら顔の汚れの大半は落ちてしまいます。

特に皮脂量が少ない女性はなおさら。

メイクをしている人は仕方がありませんが、洗顔料じゃないと落ちない顔の汚れなんてほぼありません。

皮脂が多いTゾーンなどは洗顔料を使うのもいいでしょうが、それでもソフトな洗顔料を使い、時間も短時間で済ませるべき。

いきなり洗顔方法を180度変えるのは抵抗があるかもしれませんね。

だったら、朝はぬるま湯洗顔だけにしてください。

夜は寝ているだけ。代謝が落ちて皮脂分泌量は落ち、室内のため顔につくホコリなどの汚れもまじりにくくなり、夕方よりさらっとした皮脂で落ちやすくなっています。

3.泡洗顔をやめてみる

洗顔といえばいかにいい泡を立てるか?

それで洗顔の美容効果が決まると思われていますが、乾燥性敏感肌になる原因の一つにこの泡洗顔があります。

その理由は、泡洗顔になると自然と洗顔時間が増えてしまうからです。

確かに泡で洗うことで角質を手で削ることがなくなり、肌を痛めるリスクがなくなります。

しかし、肌に馴染ませるだけの洗顔料に比べて、泡になると泡を守るようにゆっくりと洗います。そのゆっくりとした動きのせいで、洗浄成分が長く肌に付着し続けます。

そのため、肌に優しいはずなのに、実はセラミドを多く奪い去っていいることになってしまいます。

もちろんこれは泡洗顔が悪いのではありません。かける時間が長くなりやすいだけなので、意識的に短くすれば構いません。

でも時間をかけて洗顔しても突っ張らないし、むしろ肌が潤っているよ!という人もいるでしょう。

でもそれは、肌に残った潤い成分のせい。そのまましばらくしたら、また乾燥を感じるのでは?

乾燥性敏感肌に適した保湿成分・技術は試す価値あり

保湿ケアは以下のものを試したことはあるでしょうか?

まだなら、どれか1つ始めてみるのがおすすめ。最初の1週間で判断せず、最低2週間、肌に合うようなら1ヶ月、2ヶ月は続けてみると、最初は何ともなかったのに急にビックリするように。

自分の肌が生まれ変わろうとするのに必要な時間、じっくりと待ってあげる必要もあります。あれこれ化粧品ジプシーするとまず乾燥性敏感肌は改善されません。

セラミド中心の保湿化粧品は即効性も持続力も高い

多くの保湿化粧品が一時的な潤いを与える幻ですが、セラミドを中心とした保湿化粧品はそのデメリットがありません。

セラミド不足が乾燥性敏感肌の原因なのですから、そのセラミドを補うことは理にかなっています。

ワセリンやヒアルロン酸などと違い、角質層内に浸透して馴染みます。肌に皮膜を作って維持されるわけじゃないので、内側から長く維持されるメリットがあり、一度塗るとかなり長時間刺激と乾燥から肌を守ってくれます。

敏感肌を対象とした専門ブランドの大半がセラミドをベースにしていることからも、刺激がなく安心。かつ効果的であることを物語っています。

医薬部外品成分ライスパワーエキスNo.11

国産米から作られるメイドインジャパンの保湿成分ライスパワーエキスNo.11が乾燥性敏感肌にとてもマッチします。

この成分は肌のセラミドを増やし、ターンオーバーを整える作用があり、唯一乾燥肌向け成分としては医薬部外品として認定されています。

つまり一番作用が認められている保湿成分ということです。

この成分は本当にマイルドで優しく、アトピー肌患者が普段の保湿ケアにも使っているほど。これ1つでエイジングケアも可能です。

リポソーム技術採用

リポソーム技術というのはまだ耳に新しいでしょうか?

リポソーム技術とは、セラミドなどと同じ特性をしており、肌に自然に浸透していくカプセル浸透技術です。

確実に成分を患部に届ける必要がある医薬品にも用いられる技術で、ごく一部のメーカーが保湿化粧品などに採用しています。

この技術を使えば、界面活性剤などで成分が浸透する通り道を無理に開ける必要がなく、肌に優しく、かつしっかりと浸透させることができます。

さらに成分の放出時間をコントロールできるため、様々な成分を飛躍的に長時間維持できます。

乾燥肌乾燥肌は角質の隙間が広いため、せっかくの保湿成分もすぐに逃がしてしまいます。しかしリポソーム技術があれば、長くそして深いところから潤いを維持。乾燥と刺激を追い出してくれます。

乾燥性敏感肌の人に適している内容のコスメ

セラミド配合タイプ

  • 敏感肌専門ブランドの中でも特に持続力に優れている
  • 濃厚なセラミド化粧水は荒れた肌もしみないほど優しい
  • ピリピリ刺激を防ぐ特許取得のバリア機能

敏感肌専門ブランドとしては新しいブランドながら、乾燥性敏感肌の人のリピート率が非常に高い人気コスメ。

セラミド配合化粧品はいくらでもありますが、つつむのセラミドは浸透感が良く、実際にかなり長持ち。夜保湿して次の日の夕方までセラミドの存在が実感できるほどです。

セラミドを減らさず増やすコンセプトに沿った洗顔とクレンジングも優秀。肌が弱いけどメイクをしっかりしたい女性にはうってつけ。基本ケアは化粧水+クリームだけなので時短ケアにもなります。

POINT!
トライアルは14日間たっぷり入っています。使い終わるまでには肌の様子がどうなってきたか分かると思います。洗顔等に問題はなく、肌の衰えが気になる人は同社のアヤナスも検討候補。

  • 敏感肌専門ブランドなのにエイジングケアライン
  • 乾きもピリピリも衰え、くすみ・ハリ感全てがバッチリ
  • 老化の最大原因である糖化ケアも可能な希少コスメ

乾燥性敏感肌になると肌老化スピードは一気に加速します。既にハリが失われていたり、くすみが出ていないでしょうか?

そんな人が今から乾燥肌とエイジングケア対策をするならほぼアヤナス一択でしょう。

ヒト型ナノセラミドで広がった弱い角質の隙間を潤いで満たし、特許技術で刺激をさらに遠ざけて快適な素肌を作ります。

その上で、コラーゲン生成サポート、茶色くすみやハリ感不足原因となる糖化現象をケア。ただ潤いを、刺激のない毎日を取り戻すだけでは本当に満足いく状態にならない人は使ってみる価値があります。

日中は同成分で肌を守りながら綺麗な肌に仕上げるアヤナスBBクリームがとても助かりますよ。アヤナスBBクリームはこちら

POINT!
トライアルは10日間。つつむトライアルと合わせて購入する割合も半分くらいです。その理由として、アヤナスでも十分過ぎる潤い維持力があるため、つつむの洗顔や化粧水と、アヤナスの美容液を組み合わせるなどもとても有効だからです。

  • 非常にシンプルで余計な成分非配合の敏感肌向けコスメ
  • 圧倒的な水分感と維持時間
  • 美容液仕上げで快適ベタつきゼロ

製薬会社との、いかにして角質の隙間をふさぐかという研究の結果生まれた乾燥肌乾燥肌に最適なコスメ。

ディセンシアのモチっとした仕上がりに対して、ラ・ミューテは驚くほどの水分感によるみずみずしさが売りです。

ベースとなっている国産ダマスクローズ水は特に女性に最適。肌を綺麗に作り変える女性が本来持っているサイクルを整え、もっと内側から満足いく肌作りをサポートしてくれます。このダマスクローズのパワーは広く知られた美容力です。

洗顔、化粧水、美容液の3点ケアのみ。成分表を見ても余計なものが含まれておらず安心。その割に使い心地が最高によく、1ヶ月しないうちにみるみる違いが分かるのが特徴です。セラミド種類が3種類と多いのもメリット。

POINT!
トライアルはありませんが180日間の返金保証があります。まず肌に合わないということはないであろう製品ですが、万が一の場合でも安心。2ヶ月分の販売なのは、肌が変わるのにそれくらいは必要だから。自信があるからこそトライアルを売らないのです。

ライスパワーエキスNo.11

  • ライスパワーエキスNo.11配合で最も肌に優しいコスメ
  • 成分メーカー直販。濃い確かな成分でセラミドが増加
  • アトピー患者も愛用する優しさで赤ちゃんからお年寄り。顔からつま先まで使用可能

世界中で使用される、作用が認められたライスパワーエキスNo.11を配合したクリーム。

クリームですが非常に伸びが良くてベタつきがありません。赤ちゃんやアトピー患者が使用することも想定したものづくりで、アレルギー原因となりうる成分を極力排除した安心保湿クリーム。

このクリームの特性と作用はTV朝日の報道ステーションでも紹介され話題に。元々医薬品として開発が進んだ成分であり、その作用は折り紙つき。

顔はもちろん、非常に伸びやすくてベタつきがないため、ひじ、かかと、背中、デコルテ、お腹、脚、すね、お尻、足裏など場所を問わずに使えます

POINT!
2,500円と始めやすい価格で販売されています。サイズからしてすぐなくなりそうで、一般的なクリームより非常に少量で済むため長く使えます。ちょっとたっぷり目に塗るとより作用が高まります。

リポソーム技術採用

  • 圧倒的な浸透感とベタつきの無さ
  • 一度で続く確かな潤いと肌の落ち着き
  • 売りつけない365日保証と割引・セールで続けやすい

医薬品として使用するリポソーム技術Qusomeを贅沢に化粧品に使用したブランド。国内ではビーグレンの独占使用です。

このブランドのリピート理由は浸透と維持。明らかに他のコスメと違うという実感が非常に多く、同時に使用されている成分がトップクラスのものばかり。つまり、浸透技術と内容がガッチリ噛み合っているからこそ、今までに経験したことのない潤いが続くということ。

クレイ洗顔は泡立たない馴染ませるだけのタイプ。洗顔のしすぎが気になった人はこれです。非常にすっきりしますが、乾燥肌乾燥肌を悪化させない内容です。

また高い浸透技術のおかげで本当にベタつき知らず。しかし確かな実感があり、成分が入っていっているんだなと分かります。エイジングケア機能もあるので、今のうちに肌を何とかしたい人は一度使ってみるべき製品でしょう。

POINT!
トライアルは7日間分。洗顔、ビタミンC美容液、化粧水、クリーム。どれも少量使用で済むので品質に似合わず良コスパ。さらにWEBで申込と解約ができるお気軽定期購入サービス、年に数回のビッグセールでお安く買えるのも魅力。